神奈川県立横浜緑ケ丘高等学校

90周年事業の概要




横浜緑ケ丘高校は、横浜第三中学校として1923年(大正12年)に開校して以来、2013年(平成25年)で創立90周年を迎えました。
この間に25,467名の卒業生を送り出し、卒業生は各界で活躍しています。
 
創立90周年を迎えたのにあたり、学校・牧陵会(本校の同窓会)・後援三徳会(本校の保護者を中心とした後援組織)が一体となって、2013年度と2014年度(平成25年度・26年度)に様々な記念事業を展開しています。
 
記念事業は「集う」「伝える」「はぐぐむ」を3つの柱として行います。
 
「集う」では、牧陵会が中心となって2013年(平成25年)8月17日に「創立90周年コラボ音楽祭」を関内ホールで開催しました。この音楽祭では、卒業生のプロの音楽家による演奏や在校生のパフォーマンスが繰り広げられました。
また、2013年度は牧陵会が幹事となって「第8回青春かながわ校歌祭」が9月28日に青少年センターホールで開催されました。このイベントにも卒業生に交じって在校生も参加し、校歌を斉唱しました。詳しくはこちらをご覧ください。(牧陵会のサイトにジャンプします)
さらに、2014年度(平成26年度)には、11月18日(火)に横浜みなとみらいホール大ホールにて、「90周年記念の集い」を行ないました。
 
「伝える」では、新校舎に整備される「資料展示室」学校の歴史的資料を収蔵・展示し、また、90年の思いを次代に伝えるために、90周年記念誌を作成しました。
 
「はぐぐむ」では、教育環境をより良いものにするために、新校舎建設、西館改修工事に合わせ、教育環境整備事業を展開しています。
 
90周年記念募金事業については、こちらのリンク先をご覧ください。皆さまのご支援ありがとうございました。
(牧陵会のサイトにジャンプします)
 
【90周年記念事業リーフレット表面】
クリックすると拡大します




© 2015 横浜緑ケ丘高等学校. All rights reserved.