神奈川県立横浜緑ケ丘高等学校


校概要

#
学校概要
教育目標
教育活動
各種報告

2012年度の主な教育活動(報告)

学力向上進学重点校(県指定)
「第一志望校進学率100%を目指した支援体制の構築」
 生徒の第一志望校進学率100%を実現させるための取組みの研究
 「社会のリーダーとなる人材の育成」に向けた指導と支援方法の研究開発
 理数系進学志望者を増やすための実践的研究の実施
理数科教育研究校(県指定)
平成25年度から実施される新たな高等学校学習指導要領の趣旨に基づき、教育課程の開発及び指導内容等について、当該教科の先導的な研究を通じて、 その取組と成果を全県立高校に向けて普及、推進する拠点校として取り組みました。
総合的な学習の時間の充実
芸術文化、社会科学、人間科学、国際教養、環境・情報の5分野に分かれ、年次計画に沿ってさまざまな取り組みをしました。以下抜粋。
 
総合学習課題報告会 6月28日(3学年)
 3年間の研修・調査を経て、論文を作成し報告をしました。
 くわしくはこちらをご覧ください。
 
テーマ別研修7月講座・8月講座(1・2学年)
 全57講座を設定し、学校内外で様々な研修に取り組みました。
 くわしくはこちらをご覧ください。
 
総合学習課題研究中間発表会 3月
 少人数のグループ内で発表の後、代表者(47名)が1・2年生徒を前に研究したことを発表しました。
 くわしくはこちらをご覧ください。
緑高セミナー 全4回
各方面で活躍中の方にお越しいただき、幅広い知見を授けていただく教養講座、原則土曜日実施(希望者・外部公開講座)
  
第1回 10月1日 「高校物理で理解する物質の科学」
   横浜市立大学国際総合科学部大学院教授  重田 諭吉 氏(本校OB)
【緑高セミナー第1回】
 
第2回 10月13日 「個性の心理学〜発達心理学からのアプローチ〜」
   立教大学現代心理学部教授  塚本 伸一 氏(本校OB)
 
第3回 10月27日 「ITに係わる仕事の面白さを知ろう」
   独立行政法人 情報処理推進機構 IT人材育成本部
   産学連携推進センター調査役  鈴木 俊男 氏(本校OB)
 
第4回 12月10日 「ガチ、フードサイエンス研究していますが、なにか」
   味の素(株)ノベーション研究所 主任研究員
   お茶の水女子大学非常勤講師 学術博士  笠松 千夏 氏
 
【参加人数 のべ221名】
芸術鑑賞 全2回
第1回
 6月12日(全学年)
 学校寄席(講談、落語)  川崎教育文化会館
 
第2回 
 10月17日(全学年)
 演劇鑑賞 “THE WIND OF GOD”  川崎教育文化会館
TOEIC講演会 5月16日
講演「使える英語の効果的学習法」(1学年)
     講師  千田 潤一 氏
 くわしくはこちらをご覧ください。
TOEIC全校受験 11月9日
全校生徒によるTOEIC-IPテスト受験も今年で4回目となりました。
携帯電話教室 9月25日
NTTドコモの小林三知子氏より、安全な使い方、マナー、情報モラル等について講義していただきました。(1学年)
くわしくはこちらをご覧ください。
大学模擬授業 11月2日
11大学から先生をお招きし、先生の専門分野の講義をしていただきました。(2学年)
くわしくはこちらをご覧ください。
進路講演会 11月2日
大学入試のシステムやその全体的な傾向など、また1年生のうちから心がけておきたいことなどをお話いただきました。(1学年)
     講師  駿台予備学校横浜校 校舎長 豊田 基行 氏
くわしくはこちらをご覧ください。
薬物乱用防止教室 11月16日
特定非営利活動法人 神奈川県メンタルヘルスサポート協会さがみはらカウンセリングルーム  川口 るり子 氏
薬物による人体の影響などについて講演していただきました。(1学年)
人権講演会 12月13日
映画『めぐみ−引き裂かれた家族の30年』の鑑賞を通して、拉致被害者等の人権を考えました。(1学年)
修学旅行
12月11日〜14日(2学年)
沖縄本島(3泊4日)
クラス別見学、平和学習、テーマ別体験学習、班別自主行動
くわしくはこちらをご覧ください。
サイエンスキャラバン
12月21日(1・2学年)
テーマ:「数学の夢『対数誕生物語』」
  講師:桜井 進 氏
  (サイエンスナビゲーター、東京工業大学世界文明センター・フェロー)
 くわしくはこちらをご覧ください。
 


2011年度教育活動報告



© 2015 横浜緑ケ丘高等学校. All rights reserved.