令和元年10月吉日

ホームページをご覧のみなさまへ 

県立横浜緑ケ丘高等学校

校  長  秋山 晶子

     公開講座 「緑高セミナー(第2回)」(ご案内)

     

 錦秋の候、皆様にはご健勝のこととお慶び申し上げます。

 さて毎年、各界でご活躍の方々をお招きして実施しております本校生徒向けの教養講座「緑高セミナー」につきまして、ホームページをご覧のみなさまへご案内申し上げます。

受講料は無料です。受講を希望される方は次の内容をご確認の上、お申し込みください。

                 

1 日 時 第2回 11月17日(日)10時~12時 

   

2 場 所 本校会議室 (予定)

   

3 対 象 県内在住の中学生以上の方

   

4 申込方法

受講をご希望の方は、電話にてお申込みください。

その際、「受講者氏名」「連絡先(電話番号)」「受講する講座名」をお知らせください。なお、申込み多数の場合は、先着順にて締め切らせていただくことがございます。

・受付開始日 :10月24日(木)   締め切り日:11月11日(月)

・定   員 :10名程度(生徒の申込状況により変更の可能性があります)

・申込電話番号:045-621-8642 教頭(相川)

・受 付 時 間 :平日の9時~17時 

    

5 講師と講演内容

  講 師  朝日新聞 鎌倉支局長 織井 優佳(おりい ゆか)氏  (35期生) 

講師略歴

1964年、横浜市生まれ。緑高在学中は、ほぼ帰宅部でパッとしない日々でした。軽音楽部に友人が多く、東京大学理科二類に入学後は自分もサークルに入ってベースに挑戦。しかし、リズム感皆無で2年ほどで退散。農学部農芸化学科、応用生命工学専攻の修士課程修了後、朝日新聞社入社。高松、福島、大阪、東京、名古屋などで記者とデスクをやり、今は鎌倉支局で記者をしています。すると鎌倉市役所の幹部が緑高の先輩で、そのヨメは同級生という驚愕の展開。3年間を過ごしただけと思っていた緑高との浅からぬ因縁を感じています。

 

6 講演テーマ等

・テーマ 「経験が自分を作る!」-

・概 要 具体的ビジョンもなく大学を選び、大学院に進んだのに研究者にもならず新聞記者に。思いつきで右往左往しても、常に自分なりに一生懸命だったから、回り道も大事な経験だったと今は思える。「右肩上がり」が遠い現代こそ、「誰か」の受け売りで後悔するより、どんな選択にも外れはないと自分を信じたい。